Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

外資系でもサラリーマン

外資系企業に勤めるサラリーマンのブログ

外資系サラリーマン的英語勉強法 挫折編

どうも外資リーマンです。

 

さて、散々英語が出来ないことを公言しているわけですが、サビ残も余裕のサラリーマンである私が業務に必要な英語を勉強しないわけがないわけで、実際に色々と試しました。しかしながら一向に上達しないという悲しい事実。

私の屍を越えていく方々向け、私が試してダメだった方法をご紹介します。尚、個人差があるはずなので、あくまで私にはダメだった、ということで読み進めて頂きたく。

 

英会話学校

これは自分でお金を払っても行きましたし、恥ずかしながら会社にお願いしてプライベートレッスン的なものもやってもらいました。ただ、英語力が一定のレベルにないと意味がないかなというのが正直な感想。

海外旅行で使えるくらいの英語力に、くらいの感じで気長にイケメン、イケ女の外国人の先生と学ぶというスタンスならよいと思いますが、明日の会議に使えるフレーズが欲しいダメダメサラリーマンにはあまり向かないですね。。

 

英語聞き流し

巷でよく聞くあれではなく、ひたすらラジオとかを聞き流すというもの。既に文字におこしただけでダメそうなのが分かり、正直過去な試した自分が情けないですが、これもダメダメ。

そもそも聞き取れていない英語を流し続けても、クラシックを聴いてるのと何ら変わりなし。

 

海外ドラマ

英語字幕だと全くわからないので日本語字幕で。かつ、余り海外文化に興味のない私でも見られるような、アクションもの。結論としては、

 

ドラマに熱中しすぎて何も勉強にならない

 

いやー、ジャックバウアーすげーな、で終わります。普通に娯楽ですね。あ、私は24とプリズンブレイクだけは全部見ましたが、後は時間の無駄ということでやめました。

 

まぁ日本に生まれ育ったら生半可なことでは英語できるようにはならないですよね。。明日も社内の英語ミーティングが怖いです。