Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

外資系でもサラリーマン

外資系企業に勤めるサラリーマンのブログ

外資系サラリーマン的、結婚事情

どうも外資リーマンです。

 

みなさん、三連休はいかがお過ごしでしたか?出勤に向けてワクワクしていますか?

私は宣言通りダラダラグダグダして過ごしましたが、最終日にとうとう奥さんから、

 

アンタ、引きこもりなん?いい加減なんか考えて子供どっかつれてきなさい。だいたいなぁ、世間のお父さんはもっと頑張ってやってんねんで。あんたもっとできるやろ!

 

とお叱りを受けてしまいました。(私は関西弁ネイティブではないのでご容赦を)

と完全に私が尻に敷かれている我が家。でもこういう家庭が周りに結構多い気がします。ということで、今日は超個人的な結婚事情調査です。

 

1. 学生時代の彼女、彼氏と結婚

外資系は忙しいです。華やかなイメージがありますが、三十に近くなるまでは仕事に追いまくられ、従って遊ぶ時間も余りない、というのが実態です。

なので、若くして結婚する人はこのパターンが大多数です。昔からの自分を知っているという安心感もあります。夫婦関係は学生時代の力関係がそのまま出るため、フラットな仲良し夫婦が多いイメージ。だいたいこうして結婚するのは全体の3割くらいでしょうか。

 

2. 会社の同僚や業界同期

やはり会社や業界が同じだったりすると、ありがたいことに自分の仕事にも理解があるので、お付き合いから結婚に発展するケースが多いですね。

女性も男性も魅力的な人が多く、また一部の特殊な仕事を除けば、総じて外資系企業の展開するビジネスは営業的な色彩も強いですから、人間的にも魅力的な人が多いです。勿論、地雷もいますけど。

同じ会社の場合は上司と部下のケースが多く、そして禁断の不倫、略奪婚のパターンもたまにみます。。

夫婦関係としては、会社の力関係がそのまま出ている夫婦も多く、比較的どちらかがリードする関係が多そう。

大体このパターンは2割くらいでしょうか。

 

3. 昔からの知り合い

大学時代になんとなくいいなと思っていてもお互いに彼氏彼女がいたものの、社会人になってタイミングよく二人ともフリーで、というようなパターン。なんとなくですが、昔からすごい仲よかったというより、なんとなく顔見知りくらいの間柄だった、というパターンが多い気がします。

大学や高校、場合によってはサークルという生活圏を共にしていたことで、価値観が合っていたり、また、交友関係が重なったりしているのが利点だそう。

比較的落ち着いた、地に足のついた夫婦関係を築いている人達を多く見ます。全体の1割強くらいですかね。

 

4. お食事会からの結婚

これは少し年齢が上がって、学生時代からの付き合いや会社の中から目を外に向けられるようになった人たちが多いです。

結婚適齢期なので結婚を前提に真剣交際に行く人もいれば、学生時代に勉強ばかりしていたようなタイプはここぞとばかりにストレスを発散したり、人の見極めが極めて難しいところな気がします。

よく聞くのは男性のお相手であれば、フライトアテンダント、秘書さん、など。女性だと少し畑違いの業界(投資銀行とコンサル)や、弁護士、経営者など。

よく外資系は派手だと言われるのはこの層の特に遊んでる人たちが目立つからで私のような地味リーマンは困っております。

夫婦関係はその人の人となりに依拠するケースが多く、千差万別。このパターンが残りの4割程度ですかね。

 

ということで勝手に纏めましたが如何でしょうか。

外資系の特徴としては、職場結婚の少なさでしょうか。これは魅力がないのではなく、純粋に数が少ないためだと思います。

商社に行った友人とかだと、一般職の女性と結婚することが多いらしく、ちょっとそういう世界も経験してみたかったです。。楽しそう。