Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

外資系でもサラリーマン

外資系企業に勤めるサラリーマンのブログ

外資系サラリーマン的、海外出張

どうも外資リーマンです。

 

さて、会社や業界にもよりますが、私の場合は海外出張が多いです。特にアメリカは色々な都市にいきました。いや、いかされました。

 

新卒の時は、

 

海外出張、やらして下さい!!

 

みたいに目をキラキラさせてそれはもう乗り気だったわけですが、さすがにおじさんとなった今は、

 

す、すいません、誰か代わりに行ってくれる人いないっすか。。

 

となります。長時間座ってるの腰に悪いですし。英語できないし。

ということで今回はサラリーマン的、海外出張の楽しみ方です。

 

まず前提として、

 

海外出張は海外旅行とは違う

 

ということを頭に入れる必要があります。海外旅行であれば余裕をもったスケジュールでご飯なりショッピングなり楽しめますが、こちらはあくまで仕事。基本的にはミーティングが連続で入って暇な時間など殆どありません。従って、

 

せっかくニューヨークにきてもホテルとニューヨークオフィスの往復しかしない

 

なんてことも多々あるわけです。まぁ、現地にいるときは基本的に楽しくないです。夜が空いていることは稀にありますが、そうした場合も翌日に備えて仕事したり、上司が一緒だと夕飯をご一緒したりで、全くリラックスできません。なんなら、

 

なんで私はロスの日本食レストランで一生懸命上司にお酌してるのか

 

という謎な状況にも陥ります。

海外出張ベテランの私に言わせてもらえば、唯一楽しいのは、

 

行き帰りの飛行機

 

ですね。会社によると思いますが、アメリカまでの長距離フライトだとビジネスクラスをとってもらえることが多いはずです。ポイントは、

 

シートがフルフラットになるやつにのる(私はANAが多いですが、主要なルートだとかなりの割合の便がフルフラットに今はなってるはずです)

 

同じ便に同月に乗ってる人のブログを探して熟読し、出てくるワインや映画の情報を収集

 

寝巻きを持って行く。マイ枕があればなお良し(確か寝巻きは貸し出しサービスみたいのあったと思いますが、着慣れてるのが一番)

 

そして何より重要なのが、飛行機の中で仕事をしなくていいように前日まで死ぬ気で働く

 

というところです。ここまでくれば、

 

飛行機に乗り込んだ瞬間ウェルカムドリンクを受け取り、出発までの時間でぱぱっと寝巻きに着替え、観たい映画を見始める。出発したら、事前にチェックした映画を見つつ、普段飲まない高級ワインやその他のお酒を頼みつつ、ひたすら頼み放題のご飯を食べる。眠くなったらフルフラットを倒してうとうとする

 

という夢のような時間が過ごせます。

断言しますが、ANAビジネスクラスのホスピタリティは海外の高級ホテルを軽く凌駕します。そして日本語が通じるのでストレスフリー!

 

ビジネスクラスで飛行機に乗るだけだったら今でも海外出張どんとこいです。